toggle
2007-10-17

best music 1

2

今、テテノアを色づけている絵を描いた正体   『小田島 等』という人。
本職はイラストレーターでもあり、デザイナーでもあり、何というジャンルにわけることなんてできない芸術家で『コミュニケーションアートグループ』と名づけた団体が生まれたならば、それを作ったリーダーでなんとなくな感覚を人にも見えるようにしてくれる人、そんな人なんではないでしょうか。
50人でただ、下北沢(←だったかな?)をひたすら歩いて、コンビニに行ったり、ぶらぶらするというアートを行った主犯でもある。
今回そんな小田島さんとキーボード奏者の細野さんとでうまれた『BEST MUSIC』CD発売記念の個展が今梅田の中崎町でひっそりと行われています。
むちゃくちゃ真剣なのが伝わってくるこの3番目の写真。
楠見 清さんの紹介文に【『あの超のっぺらぼうな非音楽をわざわざ作ったらどうか』という小田島等の反芸術的なコンセプトに対して、細野しんいちはかなり難色を示したという。】
写真だってそんな感じ。わざわざ真剣に撮った写真は、ココロを空っぽにしてくれる。
そんな2人を、ほっとくわけがないよね。
てことでいろいろな本に注目されていました。
(1番目の写真)
関連記事